最近ネットで話題のニュース

ネットで話題になっているニュース、ねた、画像、動画、人物、スポットなど、最新の情報を今だけ、お届け!

「メキシコの真実を知ってほしい」 麻薬戦争で誘拐された息子を探し続けている女性が来日し講演wwww

   


「メキシコの真実を知ってほしい」 麻薬戦争で誘拐された息子を探し続けている女性が来日し講演wwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/08/28(火) 15:57:21.50 ID:66ENnOlx0.net
 メキシコ全土に広がった戦争に巻き込まれ、2013年に誘拐された息子の捜索を続けている東部ベラクルス州の
行方不明者家族会「ソレシートの会」のルシア・ディアス代表(63)が来日し「メキシコの真実を知ってほしい」と訴えている。
誘拐犯には「生きたまま連れて行ったのだから、生きたまま返して」と5年間、呼び掛け続け、仲間とデモを行い、遺体埋葬の可能性があれば発掘を行ってきた。

 ◇動かない警察
 東京都内で25日、時事通信社の取材に応じた。9月6日までの日本滞在中、東京、京都、大阪で講演を行う。
息子は当時29歳。ベラクルス市で従業員6人のイベント会社を経営していた。事件当日は病気で家で寝ていたが、押し入った何者かに拉致された。
 警察特殊部隊による初動捜査で、息子の携帯電話の売却に従業員の関与が分かったが「それでも誰一人捕まっていない」とルシアさん。
要求通り身代金も払い、車もオートバイも渡したが、息子は帰ってこない。
 特殊部隊が手を引くと、警察は動かなくなった。英語の通訳だったルシアさんの暮らしは激変した。捜査を求めても門前払いばかり。
(略)

 ◇秘密墓地から300人
 16年5月、ルシアさんらはベラクルス市中心部でデモの準備をしていた。そこに男が車で現れ、地図のコピーを渡して立ち去った。
「あまりに素早くて顔も見えなかった」とルシアさん。しかし、十字架が書かれ、秘密の墓地の地図だと直感した。
 「息子を見つけたいだけだ。犯人を捜しているのではない」とルシアさんらは、乗り気でない警察を説得。
2カ月がかりで警察の許可を得ると、地図が示したベラクルス市郊外サンタフェの丘で発掘を始めた。
これまでに300人近い遺体が見つかった。もっと多いと考えられ、会は今も発掘を続けている。
 メキシコでは、DNA鑑定を当局に委ねざるを得ない。遅々として進まず「日本が支援してくれないか」と呼び掛けている。
 身元が分かったのは、わずか15人。このうち、遺族が警察に届け出ていたのは5人だけだった。
一般に「警察に言ったことは犯罪組織に筒抜けになるから、行方不明者の家族の7割は怖くて届け出ない」と言われる通りの数字だとルシアさんは感じている。(2018/08/28-14:58)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082800701&g=int

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535439441/

続きを読む

 - 未分類